MoTLab -Mobility Technologies Engineering Blog-MoTLab -Mobility Technologies Engineering Blog-

SRE を含む記事

 この記事はMobility Technologies Advent Calendar 2021の9日目です。 MoTでは、社内で利用してる数々のサービスやリソースに安全にアクセスできるようにするため、AWSのマネージドなVPNサービスである、AWS Client VPN環境を準備し、社内に展開しています。 この記事では、実際に利用してるこのAWS Client VPN環境の設定・構築内容をご紹介できればと思います。

こんにちは、SREグループの水戸 (@y_310) です。前回の記事でも触れたとおりMoTにはたくさんのサービスが稼働しており、それに応じて様々なインフラリソースも作成されています。そのためリソースの見通しを良くし、インフラ構築時に迷わず命名できるようにするために色々な命名規則を定めています。命名規則はその組織が置かれている状況や直面している課題によって何を優先するかも異なり絶対的に正しい方法は無いと考えているため、この記事を読んだ方がご自分の状況と照らし合わせて取捨選択の判断がしやすいようにそれぞれの命名規則を決めた理由と合わせて紹介していきます。

 MoTでは、クラウドサービス上にあるマネージドデータベースや、BigQueryに流しているサービスログの参照ツールとして、ダッシュボードツール「Redash」を活用しています。 以前は、Web版のRedashを利用していましたが、2021年11月末にWeb版のサービス提供が終了することが告知されたため、弊社が管理しているAmazon EKS上インフラ基盤Kenos(ケノス)上に、新たにSelf Hosted版 Redashを構築し運用する事となりました。急遽の対応だったにも関わらず、短期間で準備し検証、構築までできたうえ、現状大きなトラブルなく安定稼働しています。 この記事では、現在MoTで利用しているSelf Hosted版Redashの構築内容についてご紹介いたします。

こんにちは、技術戦略部 SREグループのカンタンです。MoTが提供しているサービスを成長させるために様々なマイクロサービスを次から次と開発しています。マイクロサービスの増加に伴って全体のシステムが複雑になり、前回の記事で話た共通ログフォーマットも含めて様々な機能の共通化がとても大事になってきています。API開発のハードルを下げるため、サービス間の通信をgRPCに統一しようとしていて、本記事ではMoTで採用しているProtocol Buffers (PB)の一元管理方法を紹介させていただきます。

こんにちは、SREグループの水戸 (@y_310) です。MoTでは多種多様なマイクロサービスが稼働しています。マイクロサービスは一般的に、あるプロダクトを何らかの形で分割した内の一部の役割を担うものです。その分割されたマイクロサービスにおいてどこまでをそのサービスの責務とし、どの役割を含めてどの役割を含めないか、という他のサービスとの適切な境界を見つけることは非常に重要です。SREグループでは多くのマイクロサービスのアーキテクチャ設計に関わりながらマイクロサービスの分割点についての知見を得てきました。この記事では実例をベースにマイクロサービスの分割点の見つけ方について書きたいと思います。

技術戦略部 SREグループのカンタンです。弊社が提供しているタクシーアプリ「GO」、タクシーデリバリーアプリ「GO Dine」、法人向けサービス「GO BUSINESS」の実現に当たって多数のマイクロサービスを構築することになりました。マイクロサービスの増加に伴って、ログの出力フォーマット、収集方法、閲覧方法の共通化がより大事になってきました。本記事では弊社で考えたログフォーマットを紹介させていただきます。